フケをなくす方法

 

 

毎日シャンプーをしているのに、気がつけば肩にフケが…という方も多いことでしょう。

何でフケがでるの?と悩んでいる方も多いのでは。

 

 

 

なぜフケはできるの?

 

フケは、お肌の角質が古くなり剥がれ落ちてきたもので、からだの「垢」のようなものなのです。

 

頭皮のフケは頭皮の皮膚が新陳代謝により古い細胞がはがれて落ちてくるものなんです。

ですからフケが出るのはごく当たり前と言えるでしょう。

ですが、フケの量が多いといった時には少し注意が必要です。

 

フケが増えると頭皮自体が雑菌の温床になり髪の毛が抜けやすくなるなどの頭皮トラブルを起こしやすくなります。

 

「フケ」には2種類あり「乾燥フケ」と「脂性フケ」があります。「乾燥フケ」はサラサラとした粉っぽい状態のもの、「脂性フケ」は湿っている状態のフケを指します。

 

 

乾燥フケ

 

乾燥フケとはその名前のとおりに乾燥しているフケのことです。

黒いスーツなどをきたときに目立つのがこのタイプのフケです。

頭皮から水分などのうるおいが不足して肌のターンオーバーが何なかの原因で乱れた時に

頭皮から肌が剥がれ落ちてしまうのがこのタイプのフケの特徴です。

 

このタイプのフケの原因としてはシャンプーのしすぎも多いようです。

特にフケを気にするあまり必要以上に洗い流してしまうと頭皮に必要な油分まで洗い流してしまい、頭皮を守ってくれるものがなくなりますので洗いすぎるというのも禁物です。

 

 

脂性フケ

 

脂性フケはベタベタとした脂っぽいフケで、乾燥フケのようにパラパラと落ちることはなく、黄色っぽい塊となり、頭皮や髪の毛についたまま落ちないようなフケです。

 

頭皮は体の中でも脂が特に発生しやすい場所です。

この皮脂が必要以上に分泌されたときに脂性フケとして症状に表れます。

 

また頭皮は雑菌がたまりやすい場所でもあり、常に清潔にしておかないと雑菌や汚れがたまり脂性フケとして症状に表れます。

 

また食事で油物を好むといったこともこのフケの原因になりやすいのでなるべくバランスのよい食事を取るように気をつけましょう。

 

 

すこやか地肌 口コミ